手術

前立腺肥大症に対する最新のレーザー手術

ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP、ホーレップ)

ホーレップは前立腺肥大症に対するレーザー手術です。「核出」とは「くり抜く」という意味で、ミカンの皮を残して実の部分をくり抜くことをイメージして下さい。通常行われている電気メスで行う経尿道的前立腺切除術(TURP)に比べ出血が少なく、大きな前立腺肥大症でも安全確実に行える手術方法です。宮城県内では5施設(仙台市立病院、仙塩総合病院、仙台腎泌尿器科、JR仙台病院、東北医科薬科大学病院)で行っています。

院長は仙台市立病院在職中に東北地方では初めて導入し(2002年12月)、開院後は仙台腎泌尿器科で手術を行っていました(07年8月〜16年12月、手術件数約160件)。2018年8月からはJR仙台病院と連携して手術を行うことになりました。

・ホーレップをご希望の方、手術を受けた方がよいかどうかお悩みの方は遠慮なくご相談下さい。
・症状を確認し、前立腺の診察後、ホーレップが良いかどうかを判断します。
・合併症(循環器、呼吸器など)のため他病院での手術が必要と判断した場合は希望の病院に紹介致します。

*当院での手術の流れ

1. 当院受診時:手術説明、手術予約
2. 手術の4週間前までにJR仙台病院 泌尿器科を受診:入院の説明と術前検査
3. 手術(4泊5日) 手術日は水曜日。火曜日入院、土曜日退院。
        1.手術前日 入院
        2.手術当日 午後手術、麻酔医による全身麻酔、手術時間 約2時間
         *手術後は1晩ベッドで安静
         *尿は尿道に入れた管(尿道カテーテル)を通して自然に流れます。 
        3.翌日 朝より歩行、食事開始
        4.術後2日目  尿道カテーテルを抜いて自分で排尿を開始
        5.術後3日目 退院
4. 退院後は当院で経過観察を行います。
        2〜3週間後来院、摘出した前立腺の病理組織検査の結果(がんの有無)を説明します。
        術後3ヶ月で手術部位がほぼ治癒し症状も安定します。
         超音波検査、尿流測定検査、PSA検査で術後の排尿状態を評価します。